Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アイキララの口コミや効果の真実を暴露します!実際に使ってみたレビューも紹介。 目元の効果について悪い口コミも包み隠さず掲載。目元の悩みが解決するように是非参考になればと思います。

【写真付き】アイキララ本音の口コミと実感できた効果とは?

アイキララ

アイキララは目元のたるみに効果ある?たるむ原因と効果のメカニズム解説!

投稿日:

目の下のたるみは、顔のエイジングサインの代表的なもの。

目元が明るく引き締まっていれば、見た目の第一印象はぐっと若返るはずです。

しかしどんな目元ケアをしても目のたるみは改善されない、と悩んでいる方が非常に多いのが現実です。

 

アイキララは使用した人の95.5%がリピートしているという、非常に満足度の高いアイクリームなんです。

 

でも、一口に目元ケアといっても、たるみの他にクマ・くすみ・乾燥・小じわなど様々な悩みがあるはず。

最も気になる目の下のたるみに、アイキララは効果あるのでしょうか?

 

管理人
そこで今回は、アイキララは本当に目の下のたるみに効果があるのか、効果があるとしたらどのようなメカニズムなのかを徹底調査しました。 目の下のたるみに悩んでいる人は、見逃さないでくださいね!

 

目元がたるむ原因とは?

一刻も早く改善させたい、目の下のたるみ。

厚塗りメイクでも隠しきれず、マッサージなどをしてみても効果なし・・・。

 

でもちょっと待って!

たるみの原因がわからないまま、ただ闇雲に努力をしてみたところで成果は望めません。

それどろか、間違った方法でケアすることで返って悪化してしまう可能性も!

 

まずは目元がたるむ原因を知っておきましょう。

 

加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸の不足

若々しいお肌を保つ上で、コラーゲンやヒアルロン酸が重要なのはご存知かと思います。

 

コラーゲンは肌においては真皮に存在する繊維状のタンパク質で、細胞をしっかり支え、弾力を保つ役割をしています。

ヒアルロン酸は細胞の隙間に存在するムコ多糖体で、わずか1gで6ℓの水を保持できるほどの、抜群の保水力を持っています。

 

これらは目元においてもハリ・弾力を作る重要な役割を担っていますが、双方とも加齢とともにどんどん減少してしまいます。

するとハリ・弾力が失われ、緩んだ皮膚がたるみとなって現れてしまうのです。

 

この原因からくる目の下のたるみ対策として、アイキララはMGAという成分を配合しています。

MGAの効果については後ほど詳しくご説明しますね!

 

眼窩脂肪の突出

目の周りには眼輪筋という筋肉があり、目の開け閉めをしたり、眼球を支えたりという役割をしています。

眼輪筋や目元の皮膚が年齢とともに衰えると、支えられていた眼球が下がり、その重みで目の下にある眼禍脂肪が押し出されます。

これが目の下のたるみを作ります。

 

この対策としても、後述のアイキララに含まれるMGAの効果が力を発揮することとなります。

 

眼精疲労による目元の血流低下

スマホやパソコンを使う時間が多い現代人は、慢性的な眼精疲労に悩まされている人も多いと言われています。

眼精疲労は眼の疲れ、痛み、充血など眼の症状だけでなく、ひどくなると肩こり、頭痛などを引き起こすことも。

 

眼を酷使することで眼の周りの筋肉が硬くなり、血流が悪くなります。

すると水分や老廃物がスムーズに流れなくなり、むくみを引き起こします

これが目の下のたるみの原因となるのです。

 

この原因に対し、アイキララに含まれているトコフェロールという成分が効果的と言えるでしょう。

これも後ほど詳しくご紹介しますね!

 

紫外線によるダメージ

紫外線がお肌にダメージを与えるのはご存知の通り。

目の下のたるみにも影響を及ぼします。

 

紫外線B波はエネルギーが強く、日焼けやシミを引き起こすもので、肌を乾燥させてハリや弾力を奪います。

紫外線A波は波長が長く、肌の奥の真皮にまで到達し、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどを生み出す線維芽細胞に深刻なダメージを与えてたるみやシワなどを引き起こす原因となります。

 

紫外線は、日焼け止めなどで日常的な対策をするのが最も重要。

その上で、目の下のたるみ対策として肌弾力の改善や保湿をしてくれるアイキララが効果的と言えるでしょう。

 

間違ったマッサージによるダメージ

目の下のたるみ対策として毎日目の周りのマッサージをしている人も多いかもしれませんね。

確かに血行不良・むくみが原因のたるみの場合は正しいマッサージが効果的と言えるでしょう。

 

しかし、力を入れすぎていたり皮膚を擦るようなマッサージを続けていると、それが刺激となって、返って目の下のたるみを悪化させてしまうので注意が必要です。

目の下の皮膚は、他の部分と比べて厚さが約1/4〜1/2程度と非常に薄いため、刺激に対してとても敏感なのです。

力を入れてマッサージすることで皮膚が引っ張られて伸びてしまい、それがたるみやシワを引き起こす原因にもなります。

 

アイメイクを落とす際のクレンジングも、ゴシゴシ擦らないように注意が必要ですね。

 

アイキララを塗る時も、もちろん余計な刺激を与えてはいけません!

薬指の腹を使って優しく伸ばすのがコツですよ。

 

アイキララ 目の下のたるみへの効果のメカニズム

目の下のたるみがどうして起こるのか、様々な原因を知りました。

それらの原因に対してアイキララの成分はどう働きかけるのか、アイキララの効果について徹底検証していきましょう。

 

MGAがコラーゲンをサポート

アイキララの有用成分としてまず挙げられるのが、先ほどから触れているMGAです。

MGAはミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸と表記されている成分で、ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体とは何でしょうか?

 

美肌といえばビタミンCというイメージが浸透しているほど、ビタミンCはお肌の健康にとって重要な成分ですね。

美白効果が有名ですが、実はたるみにもビタミンCは効果的なんです。

というのも、ビタミンCは、

  • コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞を増やす
  • コラーゲンを3重らせん構造にする酵素の働きをサポートする

などの働きをするからです。

 

しかしこの大切なビタミンCは、そのままの形では分子構造上お肌に吸収されにくく、また、光や酸素、熱などに弱く酸化しやすいという性質を持っています。

ですから単なるビタミンCをお肌に塗っても効果はあまり期待できないでしょう。

 

そこでビタミンC誘導体の登場!

ビタミンC誘導体は体の中で酵素反応によってビタミンCとなるもののこと。

空気や水に触れても安定しており、皮膚への吸収率も高いのが特徴です。

ビタミンCの弱点を克服したビタミンC、それがビタミンC誘導体であり、非常に高い効果を発揮してくれます。

 

アイキララはビタミンC誘導体であるMGAがコラーゲンをサポートし、ハリや弾力をアップさせて目の下のたるみに効果的に働きかけてくれるのです。

 

トコフェロールが血流を促進

トコフェロールとは、ビタミンEのこと

抗酸化作用が強く、皮膚の血流を良くする作用にも優れています。

 

目の下のたるみは、目の周りの血流低下が一因であることは前述しましたね。

アイキララに含まれているトコフェロールが血流を促すことによって肌の新陳代謝が高まると、水分や老廃物もスムーズに流れるようになり、たるみの解消につながっていくわけです。

 

またビタミンEは肌のバリア機能を高める働きもあります。

バリア機能とは、角質層の外側にある水分と皮脂による膜のことで、外部刺激から肌を守ったり、内側の水分の蒸発を防ぐ役割をするもの。

これによって紫外線や摩擦などの刺激から肌を保護し、また潤いを保つことでたるみ防止の効果が期待できます。

 

植物性オイルによる保湿効果

目の下のたるみを始め、シワ、クマ、くすみなどの目元の悩みは、元をたどればお肌の乾燥が関わっています。

年齢とともにお肌の油分や水分は減少し、乾燥肌に傾きがち。

コラーゲンやヒアルロン酸が減り、肌の水分が保持出来なくなっているんですね。

すると肌のバリア機能も衰えていき、たるみを加速させていくのです。

ですから年齢肌にとって保湿は何よりも大切なケアと言えます。

 

アイキララには、アンズ核油、アボカド油など、植物性オイルが保湿成分として多く含まれています。

これらの植物性オイルは肌馴染みが良く、細胞を活性化させる高級脂肪酸や肌を健康に保つビタミンなど、お肌のエイジングケアに有効な栄養も豊富。

例えばアンズ核油にはターンオーバーに働きかける高級脂肪酸のステアリン酸や抗酸化作用のあるバルミチン酸が、アボカド油にはステアリン酸・バルミチン酸・オレイン酸に加えビタミンEが、カニナバラ果実油にはリノール酸・リノレン酸・ビタミンA・B・C・Eなどが含まれています。

 

お肌の保湿が十分な状態であれば有用成分の浸透も良くなります

ですからアイキララは主たる有用成分MGAと保湿成分の相乗効果により、目元のたるみに強力に働きかけるのですね。

 

まとめ

アイキララの目の下のたるみへの効果について徹底検証してきました。

たるみの原因を探り、アイキララの配合成分がその原因にどのように働きかけるのかがお分かりいただけたかと思います。

 

アイキララはビタミンC誘導体であるMGAがハリや弾力を担うコラーゲンをサポートし、目元のたるみ解消に働きかけます。

さらに血流を促す成分や保湿成分なども配合されており、相乗効果によってたるみへの効果がさらに期待できます。

 

たるみに働きかけてくれるアイクリームを探しているなら、是非アイキララを試してみてはいかがでしょうか。



アイキララを試してみる?

アイキララ公式サイトはコチラ!
アイキララ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SHINO

SHINO

子育てを楽しんでいる40代ママのSHINOです。 それなりに忙しい生活を送っていて充実しています。 産後に目の疲れが出て顔の印象が大きく変わったことが私の唯一のお悩み。 子育て中のママ達と若返りのコスメの話題で盛り上がっています。 目の印象アップにいいと聞いた「アイキララ」をレビューしたいです。

-アイキララ

Copyright© 【写真付き】アイキララ本音の口コミと実感できた効果とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.